不動産バブルはもう二度と
不動産バブルはもうこないのか!?不動産会社社員による不動産情報ブログ。 不動産情報と日々の日常をつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米住宅大手インディマック破綻

アメリカの地方銀行で住宅ローン大手のインディマック・バンコープが破綻、業務停止となりました。


米連邦預金保険公社が管財人となり預金や資産を引き継ぐそうです。


3月末の資産規模は320億ドル、預金量は190億ドルで大型金融機関の経営破たんは米金融システムへの懸念を強めそうとのこと。


業務停止となった金融機関としては1984年のコンチネンタル・イリノイに次ぐ過去2番目の規模だそうです。


インディマックはオルトAといわれる、サブプライムローンと優良貸出先の中間に当たる顧客層への住宅ローンで、サブプライムと同様に焦げ付きが膨らんでいたようです。


アメリカの株式相場の低迷、原油高、インフレ懸念、金融不安・・・


抜け出すには時間がかかりそうです・・・


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

生コン偽装

また偽装です。


今度はコンクリートです。


神奈川県藤沢市の生コン製造販売業の六会コンクリートがJIS規格外の不適切な材料を混ぜたコンクリートを出荷、ビルなどの建設に使われていたようです。


横浜市栄区と鎌倉市の境に建築中の6階建てマンションと藤沢市の9階建てビルで、コンクリートがはがれるポップアウト現象が生じているとの情報が入り、国土交通省が調査、判明したそうです。


これまでの使用現場はなんと300箇所を超えているようで、すべてが偽装なのかわかりませんがマンションなども複数含まれているとのこと。


国土交通省は建築基準法に違反している可能性が高いとして調査をしていますが、販売中・引渡し済みのマンションなどの物件を特定し、消費者保護の指導を行う予定。


偽装コンクリートを使用したマンション・・・売主はどう対応するんでしょうか・・・


ただでさえ不動産市況も悪く業者も厳しいのに、更にこの問題・・・


どの程度の影響があるんでしょうかね??


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

東京オフィス空室率上昇

米不動産大手の日本法人、シービー・リチャードエリスが2008年6月末の東京23区のオフィス空室率を発表しました。


2008年3月末の前回調査よりも0.5ポイント上昇して2.0%となったそうです。


対象オフィスは延床面積3万3000㎡以上の大規模オフィスビル。


この2%がどの程度なのかというと、水準としてはまだ低いようですが空室率の上昇は2四半期連続となっています。


原材料高による景気の減速懸念に加え、都心のオフィス賃料の上昇で企業がオフィスの拡張に慎重になっているとみられているようです。


一時期に比べると企業のオフィス需要も一段落した感じでしょうかね。


横浜東口の某大規模新築ビルも竣工しているにもかかわらず、空室が目立っています。


都心のオフィスビルも空室がこのまま上昇すれば貸し手優位から一転する可能性がありますね。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

「真柄建設株式会社」倒産

帝国データバンクによると、東証1部・大証1部上場のゼネコン、真柄建設が7月5日大阪地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けました。


負債は348億円。


真柄建設は北陸地区トップクラスのゼネコンでしたが、昨年年末には大阪支店における不適切な会計処理が発覚、今年2月には2005年から2007年3月期までの有価証券報告書の訂正、関連の損失処理が44億円超にも及ぶことが明らかとなっていました。


2008年3月期の決算では約27億円の最終赤字となり、中期経営計画により経営の立て直しを図ろうとしていたところでしたが、取引先の愛松建設が6月末に破綻、建築請負代金の回収が困難になり、7日と10日の決済資金約70億円のメドが立たず今回の措置となったようです。


今後は北国銀行の支援を受け、スポンサー企業による資本参加、事業譲渡などを検討していくとのこと。


マンションデベなんかが倒産するとゼネコンなどの建設業者は請負代金の回収が困難になるので、不動産業者の倒産がゼネコンに与える影響はかなり大きいですね。


建設業者もきついでしょうね・・・


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

アスコット、ジャスダック公開へ

不動産開発事業、ソリューション事業などを行う、株式会社アスコットがジャスダックへ公開するようです。


公開予定日は2008年8月5日で調達資金は開発用地の仕入れ等、事業資金に充当予定。


公開日程等は以下の通り。


会社名:株式会社アスコット
証券コード:3264
業種:不動産業
市場:ジャスダック
公開予定日:2008/08/05
主幹事:大和証券SMBC
公開株数:1,210,000株
売買単位:100株単位
仮条件提示日:2008/07/15
ブックビルディング期間:2008/07/17~2008/08/24
公募価格決定日:2008/07/25


久しぶりの不動産業の株式公開となりますが・・・


市場環境も良くないので、初値はどうなるでしょうね・・・


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

「株式会社インベスト」倒産

帝国データバンクによると、福岡県のマンション販売業者、株式会社インベストなど3社が6月30日に福岡地裁へ会社更生法の適用を申請したとのこと。


3社の負債合計は約98億4,600万円。


インベストはマンション販売代理業者として1992年に設立、2001年からは自社企画マンション「ルネッサンス21」シリーズを展開していました。


福岡エリアのほか、関西でもファミリーマンションを中心に事業展開を行い、2006年12月期には年売上高約53億9,700万円を計上していたようですが、2007年12月期には販売不振から年売上高約32億6,800万円まで落ち込み、改正建築基準法の影響などもあり今回の措置となったようです。


毎週のように不動産業者の倒産が続きますが・・・


一連の倒産のピークが過ぎ、業者の在庫がある程度処分できれば不動産市況も良くなってくるんでしょうかね・・


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

「愛松建設株式会社」倒産

帝国データバンクによると、愛知県のマンション・住宅分譲会社、愛松建設株式会社が6月30日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けました。


負債額は約150億円とのこと。


1972年創業の中堅デベロッパーで愛知県、岐阜県、三重県を中心に「シャトレ愛松」「Vigo aisho(ヴィーゴ愛松)」などの名称でマンション分譲を行っていたようです。


愛知県の業者なのでよく知りませんが、東京千代田区にも支店があったようですね。


2007年3月期の年売上高は約109億2,000万円でしたが、改正建築基準法などの影響で計画通りに事業が進まなかったことや、用地取得の借入金負担や分譲マンションの販売計画の遅れなどから資金繰りが悪化し今回の措置となったようです。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

「株式会社ケイ・エス・シー」倒産

東京都中央区の分譲マンション企画・開発、販売会社の株式会社ケイ・エス・シーが6月27日に事業を停止し、自己破産を申請するようです。


負債額は約100億円。


ケイ・エス・シーは1988年3月設立のマンションデベロッパーで首都圏全域でファミリータイプマンションの「カインドステージ」を展開、他社分譲マンションの販売代理も行っていました。


2005年6月期の年売上高は約55億2,000万円を計上、近年ではワンルームマンションの一棟売りや戸建事業なども行い、2007年6月期には年売上高約41億3,600万円となっていました。


不動産市況の悪化から在庫負担が重荷になり、資金繰りの悪化、金融機関からの借入れもできなくなり今回の措置と近年の倒産事例の典型です。


東京のマンションベデの倒産が出てきましたね・・・


今後も続きそうですね。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

オリックス国内不動産に3000億円

オリックスグループが国内不動産に合計3,000億円もの投資をすることを決めたようです。


今年中に東京、大阪、名古屋の3大都市圏でオフィスビルや賃貸マンション、ホテルなどの商業施設へ投資。


1件当たりの投資は30億円から200億円を想定し、子会社のオリックス不動産に物件を選ぶ30人の専門部署を設けたようです。


オリックスグループの不動産投資は年間1,000億円程度が標準だったそうですから大幅な積み増しとなります。


しかも3,000億円すべてが自己資金。


不動産市況が悪化し、倒産企業などが相次ぐなか都市部の不動産も割安になってきたと判断したようです。


たしかに不動産業者が所有する物件も資金繰りの関係で早期処理物件として割安で売却するケースが多くなっています。


ある程度資金に余裕があるところは損切りしても処理するところもあります。


倒産、提携など不動産業界も淘汰され、潮目が変わってきたということでしょうかね。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

原弘産、TOB断念

6月27日に日本ハウズイングの株主総会が行われました。


原弘産による買収に対し日本ハウズイングの買収防衛策が発動されるかどうかが焦点でしたが・・・


結果は、55%対45%の賛成多数で買収防衛策が可決されました。


原弘産が株主提案した買収防衛策の不発動を求める議案は否決され、原弘産は結局、TOBを断念することで今回の買収問題は終結を迎えました。


これを受けて日本ハウズイングは買収防衛策を発動しないとしています。


原弘産は創業家の支持まで取り付けていましたが、一般株主の理解までは得られなかったようです。


一方、26日に株主総会を迎えた大東建託の買収問題については特に創業者である会長からの説明もなかったようですね。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

プロフィール

バブル紳士

Author:バブル紳士
ファンド主導の不動産バブルの崩壊。
その真っ只中を突っ走る。
回復へ向かうこの道中で得るものは一体何か。
日々模索中・・・

最近の記事

お薦め本

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSS登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。