不動産バブルはもう二度と
不動産バブルはもうこないのか!?不動産会社社員による不動産情報ブログ。 不動産情報と日々の日常をつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゼル、継続企業の前提に関する注記

グローベルスと合併を中止したアゼルに継続企業の前提に関する注記が付されました。


合併中止も共倒れを防ぐためと噂されていましたが・・・


内容を見てみますと・・・


固定資産の評価損、取引先の経営破たんによる工事債権の貸倒引当金の特別損失(ノエルの工事債権等ですね)の計上により四半期純損失95億72百万円を計上。


また、第2四半期においても多額の純損失を計上することとなったことでシンジケートローン契約の財務制限条項に抵触していると。


よって期限の利益喪失が発生、継続企業の前提に関する重要な疑義が生じているとしています。


簡単にいうと多額の損失が出てしまったので、融資を受けている金融機関から全額返済しろといわれたらすぐにでも返済しなければいけない状況になっていますよと。
もちろん返済できる資金もないので返せといわれたら企業継続ができない・・・つまり倒産です。
そんな状況になってますという内容ですね。


この問題について解消するために「経営改善計画」を策定。


こちらの内容は・・・


不動産事業においては、事業規模の縮小を図り、新規プロジェクトの開発をストップ、完成在庫の早期処分を進めていくとのこと。
また、仲介案件も積極的に行っていくようです。


建設事業においては、拠点である東京都大田区を中心に地域密着営業を行い、受注拡大を図るという内容。


とにかくマンション分譲事業を縮小して、保有資産を売却、有利子負債を大幅に圧縮し資金繰りの確保に努めると。


このような計画を実行することを前提に、大株主であるプロスペクト、主要金融機関より必要資金等についての協力方針の継続について確認を得ている、従って今後1年間は事業を継続できると発表しています。


改善計画については特に具体的とは言い難いところはありますが・・・


事業継続できるとされる1年間のうちに何とかできるかどうか・・・


同時にダイア建設との業務提携も発表しています。


そんなに大きなメリットになるとは思えませんけどね・・・


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

バブル紳士

Author:バブル紳士
ファンド主導の不動産バブルの崩壊。
その真っ只中を突っ走る。
回復へ向かうこの道中で得るものは一体何か。
日々模索中・・・

最近の記事

お薦め本

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSS登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。