不動産バブルはもう二度と
不動産バブルはもうこないのか!?不動産会社社員による不動産情報ブログ。 不動産情報と日々の日常をつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋・仙台でオフィスビル空室率最高値更新!?

名古屋・仙台・福岡と空室率が最高値と。

やっぱり地方圏は厳しいですね。
リートも地方のオフィスビルなど物件取得を中止している傾向にありますが、需要低迷が今後も続きそうですからね。
取得して即、簿価割れの状況です。
リートの撤退が今後も続けば更にオフィスビル市況悪化が・・・


(以下引用)
シービー・リチャードエリス(株)(CBRE)は7日、2009年6月期のオフィスビル市況と全国14都市の賃貸オフィス市場動向を発表した。


前期に空室率の集計を開始して以来、最高値を記録した名古屋市・仙台市はさらに上昇し、それぞれ11.2%・15.4%に更新。福岡市でも12.4%に上昇し、最高値を記録した。
新規供給面積の過多が主な要因で、竣工したビルへのテナント移転に伴う旧入居ビルの空室はこれから顕在化することや、現在建設中のビルも市場に投入されることから、今後は需要ギャップがいっそう拡大すると、同社は予想している。


東京23区の空室率も、4.9%(前期比1.1ポイント増)に上昇。3ヵ月間で上昇したポイントとしては、大量供給があった03年を含む過去10年間で最大の上昇幅となった。
昨年秋以降のリーマン・ショック後に一気に進んだオフィススペースの圧縮傾向が、契約上の解約予告期間を経て実際に空室となったタイムラグを反映したもの、と同社は分析。


明るい兆しとして、東京Aクラスビルは5.1%(同1.2ポイント増)と急上昇したのに対し、Sクラスビルは6.2%(同▲0.3ポイント)と3期ぶりの低下となったことを挙げている。
空室期間が長引く、または長引く恐れにより、相対的に高額な賃料を設定していたビルにおいて下方調整が進み、テナント誘致に成功した結果と考えられる、と同社は分析している。
(引用 R.E.port)


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

バブル紳士

Author:バブル紳士
ファンド主導の不動産バブルの崩壊。
その真っ只中を突っ走る。
回復へ向かうこの道中で得るものは一体何か。
日々模索中・・・

最近の記事

お薦め本

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSS登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。