不動産バブルはもう二度と
不動産バブルはもうこないのか!?不動産会社社員による不動産情報ブログ。 不動産情報と日々の日常をつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内の高額36物件が上海で競売に!?

日本では捌ききれなかった物件をチャイナマネーに期待しようということですね。
結果まで報道してほしいものですが・・・

(以下引用)
都内の高額36物件を上海で不動産競売へ チャイナマネーに期待


中国上海市で近く、東京都内の高級不動産36物件が競売にかけられることが30日、明らかになった。渋谷、千代田、練馬の各区など都心部の高級住宅や商業ビルが中心で、競売最低額は合計で約16億6600万元(約233億円)にのぼる。日本国内で買い手のつかなかった物件のスポンサーを「チャイナマネー」に求めた形だ。


 中国で競売にかけられる日本の不動産物件としては過去最大規模という。


 30日付の中国紙、毎日経済新聞によると、不動産を含むさまざまな財産権を取引している上海聯合産権交易所で、今回の都内36物件の競売も近く行われる。


 今回の応札最低価格で最高額は渋谷の約1億1800万元(約16億5200万円)の物件で、次いで千代田の1億300万元(約14億4200万円)、練馬の7600万元(約10億6400万円)。さらに北、台東、新宿、港、目黒の各区の物件もあり、最も安い物件で約790万元(約1億1000万円)という。


 上海のアナリストは「中国の不動産市場が再び活況を呈するいま、中国の投資家にとって日本は新たな投資先になる」と強い期待感を示した。


 同紙によると、内外の不動産にすぐに20億元以上を投資できる企業は、上海市だけで少なくとも10社以上ある。上海や北京、広州など中国の都市部では4月以降、住宅を中心にした不動産取引が急速に回復してきている。


 同交易所によると、中国での日本の不動産競売第1号は、昨年8月に静岡県下田市など伊豆半島の土地105万平方メートルが総額約8302万元(約11億6200万円)で取引されたケースだという。日本の不動産市場の低迷が続けば、中国で競売にかけられる物件が増えることも考えられる。
(以上 産経ニュース)


人気ブログランキングへ ←ワンクリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

バブル紳士

Author:バブル紳士
ファンド主導の不動産バブルの崩壊。
その真っ只中を突っ走る。
回復へ向かうこの道中で得るものは一体何か。
日々模索中・・・

最近の記事

お薦め本

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSS登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。