不動産バブルはもう二度と
不動産バブルはもうこないのか!?不動産会社社員による不動産情報ブログ。 不動産情報と日々の日常をつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒字倒産相次ぐ

日経の記事に「上場企業、「黒字倒産」相次ぐ 不動産など今年7社」というタイトルの記事が掲載されていたのでその内容について。


黒字倒産とは、読んで字のごとく決算で黒字を計上していながら倒産してしまうことです。


2008年の上場企業の倒産は現在13社でそのうち7社については直近の本決算の最終利益が黒字であったそうです。


原因はサブプライム問題による金融機関の融資の引き締めとそれによって不動産や建設会社などを中心に資金繰りが急速に悪化したこと。


8月に倒産したアーバンコーポレイションの08年3月期の本決算を見ても連結純利益が311億円と過去最高を計上しています。


増収増益ですから聞こえは良いのですが、決算書の内容をチェックすると問題が見えてきます。


最近の不動産会社の倒産のほとんどは、不動産市況の冷え込みで売れなくなった在庫が拡大、返済が滞り倒産という流れになっています。


在庫がどのくらいあるのかがポイントになりますね。


アーバンの内容を見ると、08年3月期の売上高は約2400億円、純利益311億円、有利子負債約4000億円、棚卸資産約4300億円となっています。


棚卸資産はつまり在庫で、有利子負債は借入金です。


仕入れのほとんどは借入金で行っていますので、在庫が売れなければ資金繰りが厳しくなるのは当然です。


売上高を大幅に上回る借入金と在庫が問題ということですね。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です!クリックお願いします!


FC2 Blog Ranking ←ワンクリックお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

バブル紳士

Author:バブル紳士
ファンド主導の不動産バブルの崩壊。
その真っ只中を突っ走る。
回復へ向かうこの道中で得るものは一体何か。
日々模索中・・・

最近の記事

お薦め本

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSS登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。